評判のカラコン通販サイト > カラコンの疑問 > カラコンがずれないようにする方法

カラコンがずれないようにする方法

お気に入りのカラコンを見つけたのに、実際につけてみるとよくずれて困る。
これは、カラコン装着時に多いトラブルです。
では、いったいなにが原因でこのような現象が起こるのでしょうか?解決策は?

表裏が逆

ごく基本的なことですが、カラコンには表と裏があり、これを逆に装着した場合ではカラコンが浮いてずれやすくなり、また、これに気付かずに装着し続けていると、カラコンが目から外れて落ちることもあります。
カラコン装着時には、必ず表と裏を確認して正しく装着しましょう。

BC(ベースカーブ)が目の形に合っていない

どのカラコンであってもBCがつけられていて、目の形とBCが合っていない場合では、カラコンがずれやすくなります。
カラコンが度々ずれてお困りなら、カラコンのBCをもう一度確認してみましょう。

ドライアイの状態になっている

ドライアイの状態になっていると、カラコンがずれやすくなるだけではなく、疲れ目やかすみ目の原因になります。
なんとなく目が乾燥していると感じたら、とりあえず目薬で対応するか、いったんカラコンを外して目を休ませましょう

カラコン自体が劣化している

消費期限を超えたカラコンは、それ自体が劣化して性能が落ちている可能性が大です。
このようなカラコンはずれやすいだけではなく、目のトラブルの原因にもなりますので、古くなったカラコンは、もったいないと感じても思い切って処分しましょう。

カラコンに汚れが付着している

よくありがちなのが、カラコンの内側に汚れが付着しているケースです。
カラコンは外部のほこりなどだけではなく、目から分泌されるタンパク質によっても汚れます。
ワンデータイプのカラコンであればいつでも清潔な状態で使用することができますが、そうでないカラコンの場合では、毎日こまめにケアを行い、清潔な状態で装着することを心がけましょう。