処方箋は必要か

以前では、海外製のカラコンによって目のトラブルに見舞われる方が大勢いたという話を見聞きしたことがありますが、最近では、国内のカラコンの基準が厳しくなり、カラコンによる目のトラブルを訴える方が劇的に減ったといわれています。
ですが、カラコンは一般的なコンタクトレンズと同様の高度管理医療機器であるため、取り扱い方法を間違ってしまった場合では、目のトラブルが発生することも十分に考えられます。
では、高度管理医療機器であるカラコンを購入する際には、やはり一般的なコンタクトレンズのように処方箋が必要になるのでしょうか?

カラコン購入の際には処方箋が必要?

基本的に処方箋は必要ありませんが、度付きのカラコンを購入する際には、初回購入時に限り、医師の処方箋が必要となることがあります。
たとえば、ご自身の度に合っていないカラコンを使用し続けた場合では、視力の低下などのトラブルが発生することがあります。
度なしのカラコンの場合では購入の際に処方箋は必要ありませんが、度付きカラコンの場合では、処方箋が必要となることがありますので、この部分については、販売業者に直接確認してみるとよいでしょう。
また、未成年の方がカラコンを購入する際には保護者の同意書が必要となることがあります。

カラコンの購入は自己責任です

処方箋がないと聞いて安心した方は多いのではないかと思います。
ですが、処方箋がない分、カラコンは購入しやすいというメリットはありますが、一方で処方箋がないということは、カラコンの装着で目になんらかのトラブルが発生した場合も、すべて自己責任となります。
カラコンを購入する際には、デザインやカラーももちろん大切ですが、すべて自己責任で使用することが前提であるということも覚えておきましょう。