評判のカラコン通販サイト > カラコンの疑問 > 目薬はどれでもいいのか

目薬はどれでもいいのか

カラコンを長時間使用すると、なんとなく目が乾燥してくることがあり、これをそのまま放置していると、カラコンが外れやすくなるだけではなく、目の健康を害してしまう恐れも出てきます。
そのようなときには、応急処置として目薬で対応するという方法がありますが、このときに使用する目薬はどのような種類のものでもかまわないのでしょうか?
それとも、コンタクトレンズ専用の目薬を使用すべきなのでしょうか?

目薬はどれでもいいわけではありません

ドラッグストアなどで販売されている目薬の説明書きを確認してみると、「ソフトコンタクトレンズには使用不可」といったことが書かれていることがあります。
これはいったい、どういうことなのでしょうか?
カラコンはソフトコンタクトレンズに分類され、私たちが目視することができない小さな穴が開いています。
そして、一般的な目薬の場合では、配合成分がその穴を塞いでしまい、酸素不足の状態を引き起こしてしまうことがありますので、それを防ぐためにカラコンへの使用が不可となっています。

ソフトコンタクトレンズ用の目薬ならOK?

ソフトコンタクトレンズに対応している目薬であれば、たいていはカラコンにも対応しています。ただし、そのような目薬間中には防腐剤が高い割合で配合されているものがあり、この場合では防腐剤の成分がカラコンを劣化させる原因になることがあります。
「ソフトコンタクトレンズにも使用可」となっている場合であっても、カラコンには対応していない目薬がありますので、ご自身で判断をつけることが難しいのであれば、薬剤師さんが常勤しているドラッグストアや薬局で、直接薬剤師さんに目薬を選んでもらうとよいでしょう。

目の充血が治まらない場合には?

目薬を使用しても目の充血が治まらない場合では、結膜炎になってしまっている可能性が濃厚です。
結膜炎は自然治癒することが難しい目の病気ですので、いつまでも目の充血が治まらないのであれば市販の目薬に頼るのではなく、必ず眼科で治療を受けて下さいね。