評判のカラコン通販サイト > カラコンの疑問 > 韓国製のカラコンは安全?

韓国製のカラコンは安全?

美容の先進国である韓国からは、常に新しい美容法が発信され、カラコンもまたその中のひとつです。ですが、韓国製のカラコンといえば、以前カラーが目の中に流出するといった事故が起こっていることでもよく知られているため、購入をためらっている方は多いのではないでしょうか。
現在、日本国内で販売されているカラコンは安全性が高いといわれていますが、日本国内で販売されている韓国製のカラコンに関しては、その安全性が確立されているのでしょうか?

安全性の基準について

日本で販売されているカラコンの中でも、安全性が高いカラコンを選ぶのであれば「高度管理医療機器承認番号」が付与されている製品を選ぶことが大切です。
カラコンは一般的なコンタクトレンズと同様に高度管理医療機器に分類されており、厚生労働省が認めたこの承認番号が付与されている製品であれば、ひとまず安全性が高い製品であると判断することができます。
そしてこれは、韓国製品であっても同様です。
つまり、カラコンを選ぶ際には韓国製かどうかという問題よりも、「高度管理医療機器承認番号」が付与されているかどうか、この部分を確認することが大切であるということです。

特に注意したいカラコンとは?

日本国内で製造された製品なのか、それとも韓国で製造された製品なのか、この部分は確かに重要かもしれませんが、製造国を問わず他製品と比較した場合に桁外れの安価な価格で販売されているカラコンには注意が必要です。
一概にはいえませんが、このような激安カラコンの中には「高度管理医療機器承認番号」が付与されていない製品が存在している可能性がありますので、カラコンを選ぶ際には、カラーやデザインだけを見るのではなく、その製品が本当に安全な製品かどうか、事前に確認しておくことが大切です。
カラコンの購入や取り扱いはすべて自己責任となりますので、大切な目を守るためにも、必ず日本国内の安全基準を満たした製品を選ぶことを心がけましょう。