40代が似合うカラコン

カラコンは若い世代の方のお洒落だと思われがちですが、40代になってもカラコンでお洒落を楽しみたいという方は大勢いるはずです。
ですが、あまり派手なデザインやカラーを選んでしまうと、年齢なりの美しさが損なわれ、なんとなくちぐはぐな印象になってしまうこともあります。
では、40代に似合うのはどのようなカラコンなのでしょうか?

これだけは避けたい、40代のカラコン

まず、レンズの大きさに注目してみましょう。カラコンのレンズの大きさはまちまちですが、14.2mm以上の直径になると、ややデカ目を意識したデザインのものが多くなります。
このようにデカ目を意識したカラコンは、20代までであれば可愛い印象になりますが、40代でこのタイプを装着してしまうと、ちょっと痛い印象になる可能性があります。
また、ハーフ顔を意識したブルー、グリーン、バイオレット、ゴールドなどのカラーは、40代には派手過ぎて似合いません
また、ブラウン系であってもキラキラ模様が入っているデザインはどちらかというと若い方をターゲットとしていますので、40代の方は避けることがベストでしょう。

どんなカラコンならOKなの?

まず、レンズの直径は大きくても14.2mmまで
この直径であれば、極端にデカ目を演出している印象にはなりませんので、40代の方にはおススメです。
また、カラーはブラック系またはブラウン系がおススメです。
キラキラ模様は多少入っていても違和感はありませんが、あまりにもキラキラしていると、40代には無理!という印象になります。
40代の方がカラコンを選ぶ際には、ブラック系またはブラウン系のカラーで、できる限りナチュラルを意識したデザインに絞って選んでみるとよいでしょう。
ただし、パーティーなどの特別なイベントがある日には、ちょっと冒険して明るめのグレーで遊び心を演出しても面白いかもしれません。